検索
  • EIKO ITOH

命を選ばないというけれど

雷雨の夜、夕方に見かけた野良猫がどうしているか気になります。

家の中にいる猫達も外にいる猫達も同じ猫なのに

とても、複雑な気持ちになります。

分け隔てなくすべての命を助けようと思ったら

私達は生活を捨てなければならなくなって

助ける側ではなく

助けられる側になるのかもしれない。

可愛くて、可哀想で、選ぶことなんて出来ない。


でも、選ばなければ。


自らのキャパシティーを超えてしまえば

ただの一頭も幸せにすることすら出来なくなるのが現実なのだ。








36回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示